初めての方へ溶接人通信登録ステップ別作る調べる触れる・感じる読む参加する

何か始めたいけれど、何がいいのかわからない人へ

Wrs.濱田延子さん/奈良県在住

ステンドグラス、陶芸歴14年のものづくりのベテランさんです。
土、ガラスときたら、次は金属を使って何かを作りたいと数年前から考えていたら、昨年、自分でアイアン加工ができることを知りました。オーダーメイドを依頼することも可能だけど、そこは長年のものづくり経験を生かし、自分で作ることに挑戦!

今まで作ってきたものと、鉄とを組み合わせてオリジナル性を出そうと思ったのがきっかけでした。

彫銀の経験もあったので、同じ感覚でできるかな、と思っていました。基本的には似ていますが、最初は火花や音に少し怖さがありました。でも2回目にはもう慣れて、作業も抵抗なくできるようになっていました。

なんと言っても、一番の醍醐味は「趣味で溶接を楽しんでいる人がまだ少ない」ということ。 「溶接」と聞くと、鉄工所をイメージしがちですが、実際に作った作品を見ると、皆さん「すごーい!!」と言って下さり、ちょっとした優越感を味わえます!ステンドグラスと組み合わせたランプをプレゼントした時も、本当に喜んでもらえて、作り甲斐があります。

今作っているものは、自宅の外にあるガスメーターカバー。配管がむき出しでかっこ悪いので、自宅の外観をおしゃれに飾りたいと思っています。

「溶接」は技術と機械があれば、アイデア次第でどんどん幅が広がってきます。ご自身の個性を発揮するにはもってこいの趣味ですね!

ガスメーターカバー
葉っぱと蝶のモチーフをあしらったアイアンカバー。天板の部分にはステンドグラスを乗せて完成です。
Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.