初めての方へ溶接人通信登録ステップ別作る調べる触れる・感じる読む参加する

何か始めたいけれど、何がいいのかわからない人へ

Wrs.中島歩さん/奈良県在住

陶芸歴6年。溶接歴半年。
自作の陶器を、さらに自分だけのものに、さらに価値のあるものにするために、鉄を使ったアレンジをプラスしてオリジナル性溢れる作品作りに取り組まれています。

初めて溶接をした時、特に怖いという印象はありませんでした。むしろ、「早くうまくなりたいなぁ」と感じました。

溶接は他のものづくりに比べて、大ざっぱに作った方が味が出たり、上手くなるスピードが早かったり、やっている本人が楽しめます。切ったり、叩いたり、くっ付けたり、行程のすべてが楽しいと感じます。

陶器にプラスするアイテムの他に、半年間で、タオルハンガー、番線ツリー、ヤモリの置物など、小物に挑戦してきました。
次はソファに挑戦する予定です!大物を作るのはものづくりの醍醐味です!

もし、これから家を建てる予定のある人は、是非、設計段階から加わって自分のイメージする溶接作品(手摺りや窓囲子など)を取り入れてみてください!私は、溶接に出会う前に家を建ててしまったので、できませんでしたが・・。

これから目指す部分は、職人さんの音です。溶接は上手くなると音が変わってきます。早く、私も「上手い音」が出せるように頑張ります!

陶器スタンド
個性あふれる陶器の器にもう一工夫で
さらにオリジナル性を出しました。
Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.