初めての方へ溶接人通信登録ステップ別作る調べる触れる・感じる読む参加する

何か始めたいけれど、何がいいのかわからない人へ

Wr.瀧口昌宏さん/京都府在住

溶接歴8ヶ月。仕事の時間の合間を縫って、「鉄」を楽しんでいらっしゃいます。個性的な感性で作り上げる作品は、思わず見入ってしまうものばかりです。

数年前まで、鉄に対するイメージは「冷たい」「固い」「痛い」などのマイナスイメージしかもっていませんでした。

とあるきっかけで鉄と木を組み合わせた作品を目にした時に、今まで「鉄」に対してもっていたイメージが180度変わり、鉄のおもしろさの部分に気付きました。
一度興味を持ってしまったら、この世界に引き込まれるのに時間はかかりませんでした。

当初は溶接に対して多少恐怖があり、オーダーメイドで自分の欲しいものを作ってもらっていましたが、「やっぱり自分で自由に作ってみたい」という意欲が湧いてきて、溶接機を購入しました。

「男は道具ですよ」

道具が手に入れば、あとは作るのみです!溶接機を購入してしまったら、溶接に対してびびっていた自分はどこかにいってしまい、どんどん構想が出来てきます。「楽しい」と素直に感じます。

左は、第一作目の机です。
作るからには、手作りを追及したかったので、切りっぱなしの木を平板に加工したり、市販のビスでは長すぎたので、ビスまで手作り。鉄部以外にも、とにかくとことんこだわりました!制作日数1ヶ月半の力作です!

溶接の楽しさは、物と物がくっつき合った時の力強さと、上達が目に見えてわかるところだと思います。スラグを剥がした瞬間に、ビードがきれいにできているとすごく嬉しいし、始めた頃に比べて、少しはサマになってきました。

興味があるけど、怖いかなと思っている人!

大丈夫ですよ。保護具は手軽に入手できるし、横着さえしなければ、怖くありません!ビビリの僕でもできましたから(笑)

ロッキングチェア
粗大ゴミだったロッキングチェアに、メタルカッターで切断した1mmの鉄板を打ち付けて、オリジナルに加工
ムシキング?
ナットやねじを使って作ったカブトムシとクワガタ
チェーンを使った椅子
丸木にチェーンを組み合わせて作った椅子。
知り合いにプレゼントした際に、チェーンが足になっていることへの驚きは予想以上だったそうです。
次は、一枚板を使った「机」を制作予定!
Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.