−応力焼なまし(おうりょくやきなまし)−
(関連語:熱影響焼入れ焼なまし焼もどし
焼なましのように低い温度で一定時間加熱し、ゆっくり冷やすことです。組織は正常になりませんが、内部応力がとれます。