−周波数(しゅうはすう)−
1秒間にプラスとマイナスが反転する回数のことです。東日本では、電源周波数が50Hz、西日本では、電源周波数が60Hzとなっています。周波数の単位はHzで表し、記号はfで表します。
ブランコの様に、交流の電気は+と−を行ったり、来たりしてるんだ。溶接機の場合、60Hz用を50Hzの地域で使用すると発熱量が多くなり、故障してしまうよ。逆に50Hz用を60Hzで使用しても100%の溶接機の能力は発揮できないんだ。つまり地域にあった周波数の溶接機を使う事が大切なんだよ!