−シールドガス(しーるどがす)−
空気と遮断するために溶接部に流すガスのことです。空気(酸素)を遮断しないで溶接すると、金属は酸化し弱くなります。溶接には、アルゴンガスや炭酸ガスが多く使われています。
溶接棒でいえばフラックスと同じ役割りを果たしているんだよ!