−TIG溶接(てぃぐようせつ)−
(同意語:アルゴン溶接
Tungsten Inert Gasの頭文字をとったものです。
電極にタングステンを使い、アルゴンガス等の不活性ガスシールドガスとして利用し、タングステン電極母材の間にアークを発生させて溶接することです。母材と同じような溶加棒フィラーワイヤを使用します。直流TIG溶接では、軟鋼やステンレス、チタン、金、銀、銅等の溶接に適しています。交流TIG溶接では、アルミやマグネシウム等の溶接に適しています。
TIG溶接は、工業的に使われるほとんどの金属や合金の溶接ができて仕上がりが極めて綺麗だよ!