−溶接棒(さらに詳しく)−
心線は溶接物に合ったものが用いられ、フラックスは溶接物、アークの安定度、溶接の仕上がりを考慮して配合されており、大別するとイルミナイト系ライムチタニヤ系高酸化チタン系低水素系などがありますが、微量の配合差が性能を大きく左右します。一般に硬い棒ほど溶けにくく高い電圧と技術を必要としますので、高圧容器などの特殊な場合を除いて安価で溶けやすい軟鋼用の溶接棒が用いられます。