初めての方へ溶接人通信登録 ステップ別作る調べる触れる・感じる読む参加する

溶接人になるためにSTEP2【繋げよう(溶接しよう)】>仮付け→本付け

溶接作業の基本となる仮付け→本付け【アーク溶接半自動溶接】について

【1】

まず、鋼材同士を溶接したい角度に固定し、仮付けします。(写真は直角に溶接)

【2】

仮付けで固定したら、次に本付けに移ります。波打つようなビード(溶接の跡)を目指しましょう!
溶接箇所が気になる人、さらに強度を増したい人は、一段階前で開先加工を施した鋼材を溶接してみよう。

【1】

開先加工を施した鋼材同士を合わせ、その両端に仮付けを施します。

【2】

仮付けで固定したら、次に本付けに移ります。開先加工は深さがあるので、1回の溶接では、鋼材の表面まで溶接箇所が盛り上がらないため、数回の溶接が必要になります。その分、強度が増します。
※開先加工を施した鋼材を溶接する際には、ウィービングをしながら溶接をしましょう。

3】

数回、本溶接を繰り返すことで、鋼材の表面より上まで、溶接箇所が盛り上がってきます。

【4】

表面を平らにするための仕上げに、ディスクグラインダーで磨きます。
ディスクグラインダーで磨く方法はこちら

【5】

完了!溶接箇所が目立たず、きれいに仕上がりました!
Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.