初めての方へ溶接人通信登録 ステップ別作る調べる触れる・感じる読む参加する

溶接人の皆様よりいただいた質問

【使用機種:レッドゴー120】

車の修理に使おうと最近溶接機を買い、溶接を始めました。溶接は全く経験がなく初めてなのですが、どんどん練習して、うまく溶接が出来るようになりたいと思います。

さてさっそく質問なんですが、いずれ板厚3mmの板同士を重ね継ぎ手溶接をしようと思い、まず3mmの鉄板に適当な鉄くずをくっつける練習から始めてやってみたのですが、スラグだけ見ると着いてるように見えても、はがすと玉になっていてビードが引けません。

何もくっつけないでただビードを引く事はうまくできるようになりましたが、物をくっつけるとなるとうまく着いてくれません。

家の環境では100Vー15Aまでしかつかえなので、溶接機はRed Go120溶接棒はΦ1.6スターロードB−1を使用しています。

おそらく電圧が低いのだと思いますが、何かコツがあればお願いいたします。

 

鉄板内部まで溶け込んでないのが原因です。溶接部へもっと熱を加えるために、溶接のスピードを遅くすると溶接部に加わる熱が大きくなります。

まず、点付け溶接で何箇所か溶接して練習をしてみて下さい。

点付け溶接は、本来、本溶接の前の仮止めに使いますが、3mmの鉄板の場合、溶接棒を同じ部分に3秒〜4秒間当てて溶接をして下さい。溶接後、溶接部が赤くなりすぐに戻るくらいが丁度良いです。

これを何度か練習することで、どのくらい時間熱を加えれば、鉄に溶接棒が溶け込むかわかってきます。

100Vー15Aの電源では、延長等による電圧降下が原因でうまく溶接ができないことがあるため、その時は延長ケーブルを太く(3.5sq)したり、昇圧器の使用をお勧めします。

Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.