初めての方へ溶接人通信登録 ステップ別作る調べる触れる・感じる読む参加する

溶接人の皆様よりいただいた質問

【使用機種:IMAX120】

現在200Vの配線を使用していますが、プラグをV100に変えるのは時間がかかり面倒なのです。そこで変えずに200Vで使用続けたいと考えていますが、溶接棒を購入した時は100Vで予定していたのでφ1.2等が有ります。

200Vでの溶接で使用出来るか確認したいのです。
調整ツマミを下げる事で大丈夫でしょうか?φ2.0から200Vと書かれていた記憶が有り別の説明ではφ1.2でも(200V)の表示が有りますので、正直な所不安が有ります。

200V使用時薄い鉄板での+アース−アースの事も気になります。熱い鉄板でのφ3.2の溶接棒はこれまでに工場で使用してきた溶接機より使い易かったです。200Vメインでのご指導お願いします。

 

200Vでもφ1.2の溶接棒は使用できます。調整ツマミを10〜30Aの範囲に設定して下さい。

φ1.0、φ1.2の溶接棒を使用する時は、逆極性(ホルダをプラスにアースクリップをマイナスに接続)にすることで、溶け込み範囲が広く浅くなるため、薄物でも穴が開きにくくなります。

逆に正極性では溶け込み範囲が狭く、深くなるため注意が必要です。

Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.