初めての方へ溶接人通信登録 ステップ別作る調べる触れる・感じる読む参加する

溶接人の皆様よりいただいた質問

【使用機種:IMAX80】

低電圧用溶接棒1.6や2.0、100V電源で使用してみましたが溶接棒がくっつくばかりで、まったく溶接出来ません。

同じ使用条件(同じ溶接棒、同じ箇所の100V電源)の他社の従来機は、溶接棒が頻繁にくっつきはするものの溶接作業ができるのです。対処法はありますか?

 

電圧降下が原因と考えられます。IMAX80はインバータ制御がされていて、入力電圧が低いと正常に動作しません。

一方、他社の溶接機はトランス式ですので、入力電圧に比例して電圧も出力されるため、かろうじて溶接が出来るのではないでしょうか。

電圧降下は屋内配線や電源コードの延長によって起こります。そのため、電源コードの延長は3.5sq以上の太さで10mまでにして下さい。電源コードを延長しないで溶接が出来る場合は、屋内配線による電圧降下は少ないと考えられます。

また下記の昇圧器(トランスターハイアップ)を使用することで、正常な電圧に戻す(近づける)ことができます。
http://www.suzukid.co.jp/pdf/hiup.pdf

Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.