職人列伝

▼溶接職人として活躍されている方々

           

今市聡明氏(32歳)
京都府在住
今市工業代表
金属工職歴10年

几帳面さと繊細な自身の特性を生かし、生活の必需品を扱う金属工として活躍されています。

あなたのご自宅の門扉や取っ手、手摺りは当たり前のように日々の生活に溶け込んでいますが、 金属工といわれる職人の、繊細な作業の賜物なのです。もちろん金属工というだけあって、溶接は必要不可欠な要素になります。

今市氏がこの世界に入ろうと思ったきっかけは実にシンプル。
―おもしろそうだから

徐々に仕事が分かりはじめたら、楽しくてこの仕事に魅了されていかれたそうです。
工場で大量生産されたものではなく、鉄工所でひとつひとつ手作りされた建築金物や製作金物の取り付けを行っており、毎回違うものを扱うプレッシャーがあるので、いつも新鮮で、楽しさと達成感を得ることができると、力強いお言葉です。

初めて三日月【※溶接時のスピードが安定している状態の時に、溶接面を通して、特に明るく見える三日月形の光のこと】を見た時に何を感じましたか?という問いには、また実にシンプル ―きれい

ただ、簡単に見えるようになったわけではなく、その裏には多大な努力もあったこと、見えた時には本当に感動したことを伝えていただきました。

今後は、自分でデザイン・設計をし、自身の工場を持って活躍したい。まだまだ、若い人材が少ないので、この仕事の面白さを少しでも多くの人に感じてもらいたい。

今市氏は実に実直な人物で、物事は複雑に考えるのではなく、直感で感じるままに受け止めることが、真の職人として、また好きという気持ちを大切にするために必要なのだと教えてもらったように思います。
施主様のためにも、未来の職人さんのためにも、今後のご活躍に期待しています!

Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.