初めての方へ溶接人通信登録ステップ別作る調べる触れる・感じる読む参加する

建築金物 −触れる金属−
駅や建物で無意識に触れている手すり、病院などで見かけるパーティション、ちょっとしたアクセントで表情が加わる金属装飾。私たちが日ごろ目にしている金属は、「建築金物、装飾金物」と言われ、私たちが当たり前で見落としがちなところで、私たちの生活を安全で豊かなものにしてくれているのです。


建築金物・装飾金物は、建物やモノの表面で活躍しています。錆びない金属ステンレスが使用されていたり、きれいに加工してあるので、「危険」を感じることは少ないのではないでしょうか?それは、金属工と呼ばれる職人の手で丁寧に、緻密に作業が行われている賜物なのです。




金属を扱って20年のWELD CRAFT KANAMONO工房代表/金城 圓世氏にお話を伺いました
初めて仕事として金属を扱ったのは、大学時代の板金屋さんでのアルバイト。自動車に興味を持っていたから始めたアルバイトで、この頃は同じ金属でも「溶接」というより「叩く」方が多かったですね。
「溶接」を始めるきっかけになったのは、輸入建築金物の会社で働いたこと。サイズ違いでクレームがあっても、遅い時間だと会社に戻ったときに修理できる人は誰もいない・・ それなら自分でやるしかない。 見よう見まねで肉盛りをし、サイズ変更をするという独自スタイルでの溶接が始まりました。
それから約20年、さまざまなシーンの溶接に関わり、WELD CRAFT KANAMONO工房として、鉄・ステンレス・アルミ・チタンなど多様な金属を扱われています。
「溶接は深いから難しい。だけど、金属だから実現できる繊細さと力強さは、溶接でしか味わえないですよ!」
「技術面では上には上がいることを知っている。だけど、デザインや作品に込める想いには、代わりはいない」
決して、ひとつひとつの作業に対して手を抜かないという心は、作品の繊細さや緻密さに表れていると感じました。
「金属は冷たいと思われているけど、その奥にある温かみを感じてもらえる作品を、これからもつくり続けていきたいですね」
◆店舗のご案内◆
【WELD CRAFT KANAMONO工房】
所在地:大阪府守口市寺方本通1-6-23
TEL:06-6995-5821(9:00〜18:00)
FAX:06-6995-5822(24時間受付)
営業時間:AM10:00〜PM18:00
定休日:日曜日
ホームページ
--------------------
ステンレス、鉄等、金属のオリジナル製品の製作を行っています。また、もうひとつの柱として、愛着のあるもの、壊れてしまったものなどの修理を行います。取り替える前に、一度ご相談下さい。
Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.